haphazardly

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「感染」「予言」とペンギンのいる居酒屋
ペンギン「感染」と「予言」を観た。日本のホラー映画監督6人が次々とホラー映画を上映するJ-ホラーシアターの第一弾。二本立ての上映である。

場所はユナイテッド・シネマとしまえん。都内の上映はほとんど終わってしまっていて、ここも本日までで上映終了である。としまえんはかなり遠いイメージがあったが、大江戸線を使うと新宿から20分ほどで、意外と近い。広いラウンジに9つのスクリーン、ゆったりとしたシート、最先端の音響設備。かなり気に入りましたよ、ここ。

最初に上映された「感染」だが、始まってすぐ、出演人の演技の上手さにびっくりした。いかに先日観たデビルマン出演陣の演技が下手だったということか。

だがいいとこはそこくらい。最初はわりといい線行ってると思っていたが、途中から、ガタガタとダメっぽさを出してきて、終わる頃には「あーあ」って感じ。新人看護婦を演じる星野真里が結構好みだったが、彼女のセリフが一番きつかった。

10分の休憩を挟んで上映された「予言」の方は、つのだじろうのマンガ『恐怖新聞』が原作。こっちは話も作りも丁寧で好感が持てた。特に最後の展開は、結構好きだなー。ちなみに劇場から一緒に出てきたカップルの男は泣いてたらしい。

酒井法子はすっかりホラー映画女優になってますなぁ。原作は読んだことがないので、ぜひ読んでみたい。

帰りは新宿の「ペンギンのいる居酒屋 漁亭」でメシを食った。運良くペンギンから近い席に座れたのだが、オスのセバスチャンとメスのロッテンマーヤはとても仲が良くて、見ていて飽きない。

『感染』評価:☆★★★★(1点)
『予言』評価:☆☆☆☆★(4点)

| 映画 | 03:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 03:58 | - | - |









http://kok2.jugem.cc/trackback/129
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ BBS
+ MAIL Form
+ OTHERS
このページの先頭へ