haphazardly

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
北海道ツーリング1日目(東京〜新潟〜小樽)
北海道ツーリング1日目東京〜新潟〜小樽
走行距離337km(フェリーを除く)









早朝4時頃に出発する予定だったが、新潟は昨日から死者が出るほどの豪雨で、フェリーが動くかもわからないため、フェリーターミナルの営業が始まる5時半まで待って、運航を確かめてから出発。練馬ICから関越自動車道に入る。新潟まで300kmの表示。先は長い。300km一気走行なんて初体験だ。

家からちょうど50km。腹が減ったので高坂SAで最初の休憩。旅で最初のライダーと遭遇。挨拶をかわした。さらに関越自動車道を走り埼玉県、群馬県を抜けていく。秩父は先日ツーリングで行ったが、群馬は全く初めて。そのうち高速を降りてゆっくり走ってみたいものだ。

それにしても関越トンネルは長すぎ。高速道路国内最長で11kmあるらしい。最初は面白がってたが、ずーっと直線でずーっと同じ景色のループで半分くらいで飽きてきた。

新潟県に入ると、天気予報どおりに大粒で痛いほどの雨が降ってきたので、シートバッグとタンクバッグに防水カバーをかけた。しかし、140km/hで走行中、シートバッグのでかい防水カバーが飛んでいってしまった。その後、雨がやんだからバッグはほとんど濡れなかったが、初めて使ったカバーをいきなり紛失。北海道で雨に打たれなければいいのだが。

らいらっく出航の1時間ほど前にフェリー乗り場に到着。乗船手続きをしていると、バイクのカギを発見。とりあえず窓口のお姉さんに預けた。しばらくするとカギをなくした人がいたので、受付に預けておいたと教えた。やはりその人のものだったらしく、お礼を言われる。新潟まで来たのに北海道に行けないなんてことにならなくてよかった。

二段ベッドフェリーは新日本海フェリーのらいらっく。ざこ寝の2等ではなく、二段ベッドになっている2等寝台を予約した。なんだかちょっとお祭りで売っているひよこの臭いがする。





隣りはKAWASAKIのKDX125SR乗りで新潟県在住のHさん。北海道は7回目で毎年行っているらしい。近年はどこかピンポイントで場所を決めて1週間ほど滞在するそうだ。今年は函館。去年は知床にいたらしい。上級者っぽい楽しみ方だなぁ。

新潟の海新潟の海は昨日の大雨で大量の土砂が流れ込んだようでコーヒー牛乳みたいな色だった。








夕日小樽到着まで18時間。暇との闘いである。窓際に陣取り夕日を眺めながめたり、テレビでサッカー見たり、風呂に入ったり、地図を眺めながらルートを考えたりした。





船内にあるカフェの女の子がかなり好みだったので、レストランには行かずに、ここで食事やらデザートやら食いまくった。ここで一つ疑問が。「この船に乗っている人はどこに住んでいるんだろう?」お気に入りの女の子に聞くのは緊張するので、フロントのお姉さん(この人もかなりかわいい)にいろいろ聞いてみたところ、基本的にクルーはみんな船に住んでいるということだった。20日間船の上で働いて、10日間休みがあってその間は陸上にいるとのこと。俺の10日働いて4日休みも大変だが、こっちの方が過酷だな。

消灯時間になっても眠くならないが早朝4時には到着するので頑張って寝る努力をして寝た。
| 北海道ツーリング | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - |









http://kok2.jugem.cc/trackback/26
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ BBS
+ MAIL Form
+ OTHERS
このページの先頭へ